​a-PDT治療

​a-PDT治療(痛くない歯周病治療)について

歯周病の現状

25才以上の約80%の人が歯周病に罹患していると言われています。歯周病は歯茎や歯を支える骨に大きなダメージをあたえるため、進行すると歯が抜け落ちてしまいます。

人の口の中には約500以上の細菌が生息していますが、その中の数種類の菌が歯周病を引き起こし炎症が起こります。

従来、歯周病菌に対する処置方は抗生物質の投与が一般的でしたが、抗生物質は長期の使用により耐性菌が産生されあまり効かなくなってしまいます。

日本で初めて歯周病治療に”光殺菌システム”「periowave」システムを採用しています。

ペリオウェイブの特徴

● 抗生物質を一切使用しない

● 耐性菌が発生しない

● 副作用が起こりにくい

● 全く痛みを伴わない

● 何回でも効果のある処置ができる

ペリオウェイブ治療の流れ

(1)
一般診療と同様に診査・診断・ブラッシング指導・カウセリングなどの一般的な歯周病治療を行います。

(2)
歯周ポケットが深く歯周病が治りにくい場合や再発予防のために必要と思われる方にa-PDT治療を説明し、納得いただけた方にペリオウェイブシステム治療を開始します。

(3)
炎症の起こっている歯周ポケットにバイオジェル(光感受性染色液)を十分に注入します。

(4)
バイオジェルを注入することにより歯周ポケット内の歯周病菌は、光を吸収しやすい状態に染め出されます。

(5)
歯周ポケット、一カ所60秒間特殊な光(熱をもたないレーザー)をあてます。

(6)
光を吸収しやすく染め出された歯周病菌の周りに多量の活性酸素が発生し、細菌の細胞膜を物理的に破壊・死滅させます。

(7)
最後にバイオジェルと一緒に死滅した細菌を洗い流します。

(8)
炎症を引き起こしている歯周ポケット内の細菌は死滅し、炎症が消失していきます。

 

 

※個人差はありますが、ほとんどの場合1~3回の処置で改善します。

ペリオウェイブ適応症と禁忌症について

適応症

歯肉炎・歯周炎・根管治療・インプラント周囲炎・ヘルペス・口内炎・カンジタ症
矯正治療中の歯周病予防・インプラントのメインテナンスなど

禁忌症

無カタラーゼ症の方
光感受性発作のある方

東邦歯科診療所

とうほうしかしんりょうじょ

仙台市青葉区大町1丁目1-18 西欧館2階

​診療時間

午前9:00~13:00

午後14:00~18:00(最終受付17:30)

​※土曜は午後16:00まで(最終受付は15:30)

​休診日

​木・日・祝日

​サイトマップ