⑪コロナウイルスについて


今回はコロナウイルスについて書いていきます。


コロナウイルスのニュースや新聞記事を見かけない日はなくなりました。



ウイルスについて正しい知識を持ち、対策していくことが大切です。



コロナウイルスは、RNAウイルスのコロナウイルス科に分類されます。


新型コロナウイルス(COVID-19)以外にも

・風邪のコロナウイルス(人に日常的に感染する4種類のコロナウイルス)

・MERS

・SARS

などがあります。


風邪の10~15%(流行期は35%)は4種類の風邪コロナウイルスが原因となります。


ちなみに電子顕微鏡で観察されるコロナウイルスは、直径約100㎚の球形で表面には突起がみられるそうです。

この形が王冠に似ていることから、ギリシャ語で王冠を意味するcoronaという名前が付けられたそうです。


予防対策としては、感染していない方は手洗いうがいの徹底・人混みを避ける・つり革や手すりを触った手で目や鼻を触らないことが大事です。


マスクをする際は内側(口や鼻に触れる面)を触らないように気を付けましょう。


厚生労働省でも、マスク着用と手洗いうがいをすすめています。


また、高齢の方や持病のある方、風邪やストレスで免疫力が低下している方は特に予防を徹底しましょう。


それ以外にも規則正しい生活、十分な睡眠時間を確保し自分の免疫力を高めていくことが重要です。


風邪の症状がある方、体調の悪い方はマスクを着用、咳エチケットを徹底して感染源となってしまわないように気を付けましょう。






参考:国立感染研究所 感染症疫学センター コロナウイルスとは

厚生労働省ホームページ


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

歯科診療受診について

1,2か月前から「この時期歯医者はどうしたらいい?」というお電話でのお問い合わせが増えました。 地域ごとの感染者数、通院手段、患者さんの年齢や基礎疾患など人それぞれ変わってきますので、最終的な判断は患者さん自身に任せるようになってしまいます。 ただ、このブログでもお話しした通り口腔内細菌は肺炎の原因となります。また口腔内細菌数とインフルエンザの罹患率には関係があります。 口腔内を清潔に保つことでイ

歯科医療・診療における新型コロナウイルス感染予防について

歯科治療における新型コロナウイルス感染予防対策について、東京歯科大学名誉教授・奥田克爾先生よりご提言をいただきました。 こちらを参考にして、感染予防に努めていきます。簡単に説明します。 1.スタンダードプリコーションの遵守 ①治療を行う際は、すべての患者は何らかのキャリア(保菌者)とみなし、グローブ・マスク等を着用し感染防御にあたる。 ②患者ごとに器具を滅菌する。 ③すべての患者に対して、処置前に

東邦歯科診療所

とうほうしかしんりょうじょ

仙台市青葉区大町1丁目1-18 西欧館2階

​診療時間

午前9:00~13:00

午後14:00~18:00(最終受付17:30)

​※土曜は午後16:00まで(最終受付は15:30)

​休診日

​木・日・祝日

​サイトマップ