③薬剤耐性(AMR)について

最終更新: 2019年12月17日


🥚 🥚 🥚 🥚 🥚 🥚 🥚 🥚 🥚 🥚


今回は、薬剤耐性(AMR:Antimicrobial Resistance)についてお話します。

(今回は少し長めです。)


抗生物質による薬剤耐性菌についてです。


風邪をひいたら抗生剤!と思ってはいませんか?

実際に抗生物質を処方された経験のある方も沢山いるかと思います。

しかし、現在200種を超える風邪ウイルスに有効な抗生物質はないと言われています。


そもそも抗生物質とは細菌には効きますが、ウイルスには効きません。なので、風邪やインフルエンザにかかった時に抗生物質を服用しても効果はありません。


また、抗生物質で風邪が早く治るというのも間違いです。


スペイン・イギリスで行われた調査では、風邪で受診した患者に最初から抗生物質を処方した場合と、様子を見てから抗生物質を処方した場合では、どちらも症状が良くなるまでの期間は変わらなかったそうです。


さらに多くの患者は抗生物質を使用せずに治ったとの結果もあります。


🐥 🐥 🐥 🐥 🐥 🐥 🐥 🐥 🐥 🐥


厚生労働省のホームページにも、抗生物質の正しい使い方が載っています。

(このページの一番下に載せています。)


抗生物質は私たち人間だけでなく畜産・水産業でも使用されています。

私たちは抗生物質を与えられて育った肉や魚を食べているのです。


WHO(世界保健機関)によると、抗生物質への薬剤耐性菌の出現と蔓延により毎年70万人が耐性菌による感染症で死亡しているといいます。


今後AMR問題に何の対策も講じない場合、2050年までに1000万人が耐性菌で死亡するという試算もあります。

これは現在ガンで死亡する人口を上回ります。


ちなみに歯科での親知らずの抜歯は、抗生物質の投与なしでも清潔な術野で的確な処置を行えば感染率は1%前後と言われています。


現在日本の歯科治療において、抗生物質の使用の期間・量等については統一されていないのが現状です。

抗生物質の不適切な薬剤の選択、不必要な投与は経済的な負担・科学的負担となります。


新薬の発見・開発を上回るスピードで菌の耐性化は進みます。


耐性菌を増やさない努力と、すでに生まれてしまった耐性菌のコントロールが重要です。


参考文献:抗生物質使用におけるEMB(根拠に基づく医学)を考える


🐓 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓




4回の閲覧

最新記事

すべて表示

歯科診療受診について

1,2か月前から「この時期歯医者はどうしたらいい?」というお電話でのお問い合わせが増えました。 地域ごとの感染者数、通院手段、患者さんの年齢や基礎疾患など人それぞれ変わってきますので、最終的な判断は患者さん自身に任せるようになってしまいます。 ただ、このブログでもお話しした通り口腔内細菌は肺炎の原因となります。また口腔内細菌数とインフルエンザの罹患率には関係があります。 口腔内を清潔に保つことでイ

歯科医療・診療における新型コロナウイルス感染予防について

歯科治療における新型コロナウイルス感染予防対策について、東京歯科大学名誉教授・奥田克爾先生よりご提言をいただきました。 こちらを参考にして、感染予防に努めていきます。簡単に説明します。 1.スタンダードプリコーションの遵守 ①治療を行う際は、すべての患者は何らかのキャリア(保菌者)とみなし、グローブ・マスク等を着用し感染防御にあたる。 ②患者ごとに器具を滅菌する。 ③すべての患者に対して、処置前に

東邦歯科診療所

とうほうしかしんりょうじょ

仙台市青葉区大町1丁目1-18 西欧館2階

​診療時間

午前9:00~13:00

午後14:00~18:00(最終受付17:30)

​※土曜は午後16:00まで(最終受付は15:30)

​休診日

​木・日・祝日

​サイトマップ