​歯周病

​歯周病とは

歯周病とは、口の中の細菌により、歯を支える周りの組織(歯周組織)が破壊される感染症です。
歯周病になると、細菌の毒素で、歯ぐきが腫れたり、出血し、歯を支えている骨が溶け、放っておくとやがて歯がぐらつき、自然に歯が抜け落ちます。

​どうして歯周病になるの?

歯周病の原因は、細菌の塊である歯垢(プラーク)です。
食生活、ストレス、歯軋り、食いしばりや、心疾患、糖尿病などの全身疾患により悪化します。
また、健康状態が悪く、抵抗力(免疫力)が低下すると歯周病も急激に悪化します。そうならない為にも、自分の歯ぐきの健康状態を知り、適切な予防・処置を行うことをお勧めします。